• 2008/05 ≪
  • ≫ 2008/06

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舳倉島ヒラマサ探し

7月12日中潮  満潮6時36分 17時12分
           干潮11時17分           海上高潮警報あり
この日は輪島周辺でのヒラマサ狙いの前半最終戦。
5月から毎週のように通いつめた輪島も秋までおさらばって感じです。
先週に引き続き舳倉島周辺のシャローエリアでヒラマサをねらいます。
先週とは違い、複雑な気圧配置のせいか潮はぶっ飛び状態、しかし、風は無風状態。
舟は流れますが、ジグには潮の抵抗が無い状態。
そんな中神戸のお友達の西詰君にヒット。
714-1.jpg
鉄ジグマスター。
潮にジグが絡まない中、うまく比重の軽い鉄ジグのナチュラルな動きを演出し、ヒットに持ち込んだ西詰くんは鉄ジグマスターに昇格ですね(笑)
すぐさま地元のヒラマサキラーの新出君にヒットしますが、残念ながら減点対象のメジロでした。
714-2.jpg
そして、西詰君はまたまた鉄ジグでヒラマサ追加、脱帽です。
先週も今週もジグの動きがうまく出せない、潮がジグに絡まない。
へたくその僕にはかなりごまかしが効かない状況。
こんな時はハイブリット素材のジグもありなのかなー?
そんな迷いが生じてしまいます。
北陸のような潮のゆるいエリアでの難しさはジグ動かし方がごまかしが効かないところかもしれません。波動の小さなナチュラルスイミングは潮にのってこそ出しやすいもの。
では、潮の当たらない状況でいかにその動きを出すのか?それが今後の課題です。
今回は次につながるだろう課題が得られたことが最大の成果でした。
この3本で終了しました。
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。