• 2008/05 ≪
  • ≫ 2008/06

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つ島 ヒラマサはどこに?

6月21日大潮  西南西の風6~8メートル
先週は家族サービスで釣りはお休みしてました
今回は昨年マグロの牧場になった輪島から北東の位置にある嫁グリに向かいシャローのヒラマサとマグロの様子を伺いにいってきました。
最近は七つ島ばかりだったので魚探しにいざ嫁グリへ。
嫁グリに到着するも当たりは低い雲と8メートル近い強風でザブンザブン。水深20メートル付近を広範囲に探ります。
七つ島とは違い中心は灯台が立っているだけ、そこを中心に広がる水中島のようなポイントなのです。
周りをみても鳥やナブラもなく、魚探にもあまりベイトが写らない様子、そんな中、野口君がヒット。
621-3.jpg
貴重な1匹を釣るも後が・・・・・・・・。
あえなく七つ島へ移動。
そして七つ島周辺に着くと先ほどの天気が嘘のように快晴べた凪。
その時無線で『マグロが飛んでるよー』と入り現場に急行。
しかし、マグロの姿はなく、ベイトの反応を見つけジギングスタート。
3人同時ヒットで2本メジロの1本ヒラマサ・・・・・・・。
なんで?疑問です。
それから、しばらくすると沖のほうで30センチぐらいの飛び魚が飛んでいるのを発見。
そして、その下で大きな水柱が。
マグロじゃーーーーー。

しかし、飛び魚について船がつくころにはまたまた遥かかなたでジャンプーの繰り返し。
こんな時はどうして狙ったらいいのか僕にはわかりません。
マグロを諦めシャローのヒラマサ狙いへ。
そして、タラちゃんにヒット。小型ながらヒラマサゲット。
何度もポイントをかえランガンするも、私のへたくそジャークに喰いつくヒラマサは見つけられず。
またまたタラちゃんヒット。
621-1.jpg
621-2.jpg
タラちゃんは北陸の自己ベスト6.3キロゲットでご満悦。
おめでとうございます
この魚を最後に終了となりました。
前回のシャローの釣りとの違いは、こんかいのタラちゃんの2本にしても内緒ですが、私のバラシた多分ヒラマサだと思われる魚も、15メートルより深い25メートル~30メートルぐらいの水深でヒットしています。少しレンジの深いブレイクラインに着きだしたのかな?水温の変化やベイトの位置、何らかの要素によるヒラマサの着き場の変化が今回は見受けられました、来週はまた攻めるレンジを変えて見ます。
スポンサーサイト
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。