• 2017/09 ≪
  • ≫ 2017/11

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラマサはずれの鰤大当たりの巻

6月7日 大潮  西南西の風3~7メートル
今回もシャローのヒラマサを求めて七つ島に向かいます。
今回は永井師匠に加えて大物ゲストのチャーマスこと北村秀行さんもご一緒させていただきました。
67-8.jpg
向かう道中も海洋学的な対馬海流の話やベイトによる魚の狙い方など興味のあるお話をたくさんしていただきました。
しかし、七つ島の周りは鯛のはえ縄漁と刺し網のロープがびっしりで網が上がるまでは、少し島から離れた場所で魚の反応をさがすことに。
そして、前回の鰤ポイントへ向かう途中鳥山発見!!
行ってみるとなぶらの規模は小さいものの鳥はあたりに飛び回り、時折水中めがけてさしている様子。
よく観察すると鳥の刺す周りでトビウオが飛んでいるのがわかりました。
トップでしょーーー。
早速BC-γの60でキャスト。
するとガンマの後方から背中を出してルアーめがけてくる奴が・・・・・・。
67-11.jpg
67-9.jpg
鰤ヒット!!

それからはジギングでもトップでも連続ヒット。
67-10.jpg
67-13.jpg
チャーマスさんも連続ヒット。
67-12.jpg
67-7.jpg
チャーマスの奥様のチャーママもヒット。
でもここで明らかに釣果の差が出始めました。
それは、数ではなくサイズです。
そして、人ではなくつり方、つまりトップとジギングでは明らかにトップの方が平均サイズがでかいのです。
狙うレンジの差で明らかにサイズが変わってきたのでした。
67-6.jpg
67-5.jpg
友人のハッサク君のプロトルアーにも連続ヒット!
67-4.jpg
そして、昼近くなりシャローエリアに入るものの、トップで3バイト1バラシ、1ブレイク、1メジロキャチ
バラシたのはヒラマサだった?
3バイトは全部私でしたが、師匠に詰めが甘いとの駄目だしをいただく始末
67-1.jpg
67-3.jpg
67-2.jpg
今回は鰤30本以上、メジロハマチ多数。
チャーマスに七つ島のヒラマサを見ていただきたかったのですが、また次回頑張らせていただきます。
今回はレンジでのサイズの差を考えさせられました。トップの可能性はまだまだ広がるのだろうなーと
思いましたねー。
あと、ラインのチェックは忘れちゃーいけませんねー(反省)
スポンサーサイト
七つ島 ヒラマサはどこに? | HOME | 今週は・・・・・。

COMMENT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/06/12(金) 11:40:03 | | # [Edit]

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。