• 2017/07 ≪
  • ≫ 2017/09

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七つ島のシャロー攻略

5月25日 中潮 今日は僕がここ三年ほどこの時期に狙っているシャローのヒラマサの攻略に行ってきました。この釣りは僕自身が船の船頭さんの話を参考に見つけ出した釣りです。ヒラマサだけを狙い、ヒラマサだけを釣る。そんなことできるの?って思うでしょうができるんです。
簡単に説明しますと、通常のジギングではあまり考えられない、水深10メートル~30メートルの島の岸ギリギリのブレイクを狙います。そして、もう一つの鍵はジグのリトリーブする角度、簡単に言うと浅い水深でどうジグをアピールするのか、いかに喰わすかと言うことなんです。釣る側のアングラーがこの条件を満たすことができれば、かなりの確率でヒラマサを獲れるでしょう。この釣りをがまかつのテスターをつとめる僕の師匠である永井誠一氏に紹介したところ、大変興味を持っていただき、いまでは毎年恒例の釣行になっています。525.jpg
まぐろがあがっていました。
525 (2)

今日は永井師匠に加えS.Wという雑誌でおなじみの岳洋社の社長さんの松井氏も取材を兼ねての同行です。左から二番目のサングラスをかけた強面の方が松井氏です。
525 (10)

今日は釣れるのか
開始そうそう私にヒット。しかしヒラマサではなく、メジロ。
その直後今回同行した前田氏に3キロ弱のヒラマサヒット。
ヒラマサはいる、体中が緊張で震えてきます。
そして・・・・・・・!
525 (4)

私もヒラマサゲット。
サイズは3キロ弱のレギュラーサイズ525 (5)

永井師匠も頑張ります。今回は永井師匠に絶対釣ってほしい。
525 (9)

なのにまた私にヒット。ちがうプレッシャーが・・・・・・・・・・・・・・・・・
しかし、師匠はすごい。みんな3キロ前後のヒラマサのなか大物をヒット。しかも水深10メートルの
ドシャローでヒット。ラインを少しでも出されればすぐ根ずれでラインブレイクの可能性も。
525 (8)

ドラグもほとんど出さず強引ファイトで7.5キロの大型ゲット、このサイズをこの水深で獲るのはかなりのテクニックが必要なんですが、さすが師匠は違いました。
525 (6)

そして2時に帰港。この日は7キロクラスが2本、3キロクラス5本。ヒラマサがこれだけ狙えるのは
すごいことだと思います。この釣りの可能性に今後も期待です。
525 (11)

帰りは穴水のいつものソフトクリームをゲット。疲れをリセットして帰りました。
スポンサーサイト
タイトルなし | HOME | 輪島ジギングバトル

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。