• 2017/09 ≪
  • ≫ 2017/11

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月は対馬で?

1-1-9.jpg
昨年から計画していた対馬遠征に行って来ました。1月1日午前10時に金沢を出発。京都で永井師匠ら4人を乗せていざ博多港までロングドライブです。
そして博多まであと1時間足らずのところで九州北部は雪のため交通がマヒ状態。かなり余裕をもっての出発でしたが、渋滞と高速道路の通行止めやらで着いてみればギリギリチョップ
何とか対馬行きのフェリーに滑り込みました。
なんて慌ただしい正月なんでしょう。
1-1-3.jpg
朝4時半に対馬の厳原に到着し対馬でも南の果てにある豆つ崎まで移動し8時に早速沖へ。
スタートです。
1-1-10.jpg
1-1-5.jpg
潮もゆるく魚もご機嫌ななめ。
そんな中、師匠はパターンをいち早くよみひとりで独走状態
そして、私はなんとか良型をやっとの思いでキャッチ。
1-1-2.jpg
1-1-1.jpg
そして、2日目も状況は変わらず・・・・・・。
爆釣とはいかないもののぽつぽつとはあがる状態。
でも師匠をはじめ凄腕のベテラン勢の中でまた対馬の難しさをおしえられました。
1-1-8.jpg
1-1-4.jpg
今回改めて感じたのはたしかに対馬には私の住む北陸よりもたくさんのヒラマサがいるのはだれもがしっていること。しかし、たくさんいれば釣れるという素人的な考えは全く通用しません。
やはり、北陸には北陸の釣り方があり、北陸の難しさがあるということ、対馬には対馬の難しさがあるんだと改めて思い知らされました。
1-1-6.jpg
1-1-7.jpg
それにしても魚は今一でしたが本当に楽しい遠征でした。
P.S永井師匠またついていきますから呼んでくださいね
スポンサーサイト
大阪フィッシングショー | HOME | スパイラル釣法初体験

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。