• 2008/05 ≪
  • ≫ 2008/06

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インチクの作り方よーへいスペシャル!!

皆さんお元気ですか?最近は天気にめぐまれず家族サービスに疲れてきた私です。
暇なのでインチクの作り方お教えしちゃいます
用意するものはインチクの鉛、タコベイト、鯛のふかせ針、ザイロンノット30号、シーハンター8号
発光玉のソフト6号、タイ用ラバーです。あくまでも私のお気に入りのフックサイズやハリスの太さなのでお好みで変えてもおもろーだと思います。4.jpg
まずはザイロンノットの芯をぬいてニードルで写真のようにおりかえして中に先端から入れます。
そのときに小さめの打ち抜きリングを写真のように入れてやります。
5.jpg
次に先ほどのザイロンに発光玉を通します。
6.jpg
発光玉を最後までいれそこにラバーを結びます。
7.jpg
そして、シーハンターでフックを写真のように結びます。針と針の間は6センチぐらいがベストです。
8.jpg
針を写真のように通します。
9.jpg
なぜこんなやり方かというと針が根がかりや錆でやられても針だけ交換できるというやり方なのです。
これがよーへいスペシャルなんです
10.jpg
そして上からタコベイトを入れます。
11.jpg
インチクにこの端末を通して結び玉で止めます。
12.jpg
完成です。個人的には市販のインチクはタコベとインチク鉛がかなり離れていますが、あまり離さないほうがタコベイトはよく動いてくれます。
13.jpg
完成です。
スポンサーサイト
天気に悩まされ。 | HOME | 輪島のお祭りもう終わり?

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。