• 2017/04 ≪
  • ≫ 2017/06

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪島マグロ祭り!!

7月6日今日は2週間ほど前にキャスティングでマグロを上げたとの情報が入り、ジギングのヒラマサ狙いをかねて輪島へ釣行です。
前日まで迷ったあげく、まぐろの魚影が一番濃そうな嫁グリ礁へ行くことになりました。
76-10.jpg

嫁グリは輪島港から約30キロほど珠洲市よりに向かった沖にある大きな瀬というか、水中島のような
地形になったポイントです。舳倉島沖や七つ島周辺に次いで輪島沖の代表的なフィールドなのです。
今まで北陸ではマグロがルアーで釣れたなんて話は聞いたこともなく、正直半信半疑での釣行でした、だめならジギングでヒラマサ狙いみたいな感じでしたがこの前日にもマグロが5本も上がったとの情報もあり、的を絞りにくい出発となりました。
76-5.jpg

しかし、嫁グリに着くとあたり一面鳥だらけ、しかも、その下には大きな水柱が・・・・・・。
早速ナブラうち。頭の中はトロ・中トロ・赤身。第一投目で5キロクラスのメジをゲット。
76-8.jpg

しかし、ベイトのサイズも6センチぐらいのカタクチ鰯で大きめのルアーには反応悪く、他のなぶらを探索、しばらく回ってみたもののやはりナブラはさきほどの場所のあたりだけ、そして戻ってみると、さっきより大きな水柱がドッカンドッカン。
すかさずキャスト。少し沈めて軽くトゥィチをいれると、ラインが走りズシンとした重みそしてドラグがウイーン。なんとか最初の走りをとめて上げてきたのは20キロクラスの立派なマグロでした。
76-6.jpg
76-3.jpg

さっそく血抜きとえら取りをして氷漬け。
それから昼近くまでナブラ出っ放し、キャストのやりっぱなし。気がつけばクーラーボックスマグロでいっぱい。
76-4.jpg

終盤にになり金太郎さんにこの日最大の35キロのマグロヒット。
76-9.jpg

約15分の格闘の末上がってきたのは・・・・・・・・。
76-12.jpg

金太郎さんおめでとう
今回同行した輪島のエキスパートである板谷氏もこんなにここ輪島でマグロが上がるのは初めてだと
驚くほどの釣果に皆さんご満悦76-11.jpg

終わって見れば船中17本という好釣果でした。今後もこのような釣果が続くことを期待したいものです。ジギングはまた次回に調査してきます。今回同行したメンバーのみなさんほんとうに楽しい時間をありがとうございました、そしてお疲れ様でした。
スポンサーサイト
タイトルなし | HOME | 玄達は遠かった。

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。