• 2017/03 ≪
  • ≫ 2017/05

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月4日 輪島沖

5月4日 大潮 北東の風
朝4時に出港です。
前日には鰤とメジロ爆釣との仲間からの情報があり、かなりきたいです。
20-5-401.jpg

今日は舳倉島周辺のポイントへロングドライブです。
道中はせんないのレーダーとGPSと睨めっこです。
20-5-402.jpg

写真が逆さまですがいつも寝転がって見ているのでこんな感じです
舳倉島までは今日は凪なので1時間40分ぐらいですかねー、その間は頭のなかで今日1日の釣りを
シュミレーションです。(シュミレーションどおりにいく事は今まで1度もないのですが)
明るくなってきたのでロッドにジグをセットしまーす
20-5-404.jpg

写真に写っているジグはホッツ社からでているケイタンジグです。
僕にとってこのジグとの出会いはかなり大きいポイントをしめていますねー。
このジグを使い出したのはホッツ社から発売されるまだまだ前の頃で、その頃から愛用し、たくさんの
魚を獲ってきました。なにがすごいって説明するのは難しいのですが、とにかくすごいんです
20-5-403.jpg

そうこうしているうちにポイント到着。
ジギングスタートでっせ
しばらくするともぞっと小さなアタリ、狙いの鰤とは明らかに違う鈍い引きが・・・・・・
20-5-405.jpg

上がってきたのは30センチほどのソイでした。
それからしばらくアタリはなくいやな予感が。
しかし、このジギングは諦めたら終わりなんです、『絶対に魚はいるんだ、絶対に釣ってやるんだ』と
見えない水中のことをイメージし、諦めずにひたすらジグを動かし続けること、それがチャンスを勝ち取るための条件なんです。それができなくても釣れる事はあるかもしれません、でもそれは狙った魚を釣ったのではなく、釣れたというべきでしょう。(熱くなってすみません
陽も高くなったころ他船から釣れだしたとの無線、現場へ急行
そして移動して一流し目待望のヒット
20-5-406.jpg

諦めずにしゃくり続けた結果5キロ強の小ブリをゲッツ
これからかと思われましたがその後潮も止まり七つ島へ移動。
七つ島でも何度かアタリはあったものの、うまくフックにのらず終了。
改めて1匹の大事さ、難しさを勉強しました
次回は輪島ジギングバトル参加です。おたのしみに
スポンサーサイト
ジギングバトルにやる気です。 | HOME |

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。