• 2008/07 ≪
  • ≫ 2008/09

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インチクの作り方よーへいスペシャル!!

皆さんお元気ですか?最近は天気にめぐまれず家族サービスに疲れてきた私です。
暇なのでインチクの作り方お教えしちゃいます
用意するものはインチクの鉛、タコベイト、鯛のふかせ針、ザイロンノット30号、シーハンター8号
発光玉のソフト6号、タイ用ラバーです。あくまでも私のお気に入りのフックサイズやハリスの太さなのでお好みで変えてもおもろーだと思います。4.jpg
まずはザイロンノットの芯をぬいてニードルで写真のようにおりかえして中に先端から入れます。
そのときに小さめの打ち抜きリングを写真のように入れてやります。
5.jpg
次に先ほどのザイロンに発光玉を通します。
6.jpg
発光玉を最後までいれそこにラバーを結びます。
7.jpg
そして、シーハンターでフックを写真のように結びます。針と針の間は6センチぐらいがベストです。
8.jpg
針を写真のように通します。
9.jpg
なぜこんなやり方かというと針が根がかりや錆でやられても針だけ交換できるというやり方なのです。
これがよーへいスペシャルなんです
10.jpg
そして上からタコベイトを入れます。
11.jpg
インチクにこの端末を通して結び玉で止めます。
12.jpg
完成です。個人的には市販のインチクはタコベとインチク鉛がかなり離れていますが、あまり離さないほうがタコベイトはよく動いてくれます。
13.jpg
完成です。
スポンサーサイト

輪島のお祭りもう終わり?

83-1.jpg
8月3日長潮 行ってきましたよー。輪島のマグロをさがして・・・・・・。
先週はまき網漁船で1500本ものマグロがとられたとか、最近はマグロの釣果も寂しいものになってきました。ボウズで帰ってくることもしばしば。
あきらめずにいくのです夢の大物に出会えるまでは。
釣りに関してはドMな僕はダメでもまた行ってしまうのです。
朝焼けは今日も綺麗でした。
83-6.jpg
今日は仲間8人で松栄丸さんと政進丸さんの2艘出しで行ってきました。
83-8.jpg
準備は万端いざマグロのいる嫁グリまで高ぶる心を抑えながら出動です。
83-2.jpg
しかし、嫁グリに到着するもベイトのお知らせ役の鳥もいません。いやな予感・・・・・・・。
しぶしぶジギングスタートです。
何回か流すもアタリなし。そのまましばらくの沈黙。
陽もしっかり昇ったころに、おきのほうにいた他船からマグロの姿を見たとの無線が入り現場へ直行です。
しかし、2.3匹のマグロが30分に1度ぐらいのペースでそれも船からは遥か離れたところでしかはねません。これじゃー狙えません。エンジンを切り待ち伏せの誘い出しを試みるも反応なし。
83-3.jpg
松栄丸の船長も苦い顔。
83-5.jpg
大阪からはるばるお越しくださった水沢兄貴もダメダメモード
それからナブラはものすごい勢いで出るもののとてもスレてるのかルアーには見向きもしません。
しかも、小さいマグロしか見えません。ダメだこりゃー。
さすがにあきらめてインチクで遊んでいると・・・・。
ジャンジャジャーン83-7.jpg
幼稚園サイズのヒラマサGET
これにてあえなく終了。
マグロはかなり薄くなってきましたねー。来年は来るのかな?
こなっかったらどうしよう?
マグロのルアーいっぱい買ってもうた。
たのむぞマグロちゃん。来年もきてね
こなっかったら大間でも七里でも追っかけたるぞ
今度はヒラマサに切り替えてまたがんばります。
83-4.jpg
つれなっかた腹いせにソフトクリーム2個食べちゃいました。
メタボリックバンザーイ
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。