• 2008/05 ≪
  • ≫ 2008/06

プロフィール

キングフィッシュマン

Author:キングフィッシュマン
名前 中川 陽平
血液型 A型 
S 52.11.25生  ジギングを
こよなく愛する熱血ジギンガー。
特にヒラマサには特別な思いがあり、
北陸で10キロオーバーのヒラマサを
追い続けている。

FC2カウンター

リンク

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

バナー

リンクフリー
blogbaner.gif

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒラマサはずれの鰤大当たりの巻

6月7日 大潮  西南西の風3~7メートル
今回もシャローのヒラマサを求めて七つ島に向かいます。
今回は永井師匠に加えて大物ゲストのチャーマスこと北村秀行さんもご一緒させていただきました。
67-8.jpg
向かう道中も海洋学的な対馬海流の話やベイトによる魚の狙い方など興味のあるお話をたくさんしていただきました。
しかし、七つ島の周りは鯛のはえ縄漁と刺し網のロープがびっしりで網が上がるまでは、少し島から離れた場所で魚の反応をさがすことに。
そして、前回の鰤ポイントへ向かう途中鳥山発見!!
行ってみるとなぶらの規模は小さいものの鳥はあたりに飛び回り、時折水中めがけてさしている様子。
よく観察すると鳥の刺す周りでトビウオが飛んでいるのがわかりました。
トップでしょーーー。
早速BC-γの60でキャスト。
するとガンマの後方から背中を出してルアーめがけてくる奴が・・・・・・。
67-11.jpg
67-9.jpg
鰤ヒット!!

それからはジギングでもトップでも連続ヒット。
67-10.jpg
67-13.jpg
チャーマスさんも連続ヒット。
67-12.jpg
67-7.jpg
チャーマスの奥様のチャーママもヒット。
でもここで明らかに釣果の差が出始めました。
それは、数ではなくサイズです。
そして、人ではなくつり方、つまりトップとジギングでは明らかにトップの方が平均サイズがでかいのです。
狙うレンジの差で明らかにサイズが変わってきたのでした。
67-6.jpg
67-5.jpg
友人のハッサク君のプロトルアーにも連続ヒット!
67-4.jpg
そして、昼近くなりシャローエリアに入るものの、トップで3バイト1バラシ、1ブレイク、1メジロキャチ
バラシたのはヒラマサだった?
3バイトは全部私でしたが、師匠に詰めが甘いとの駄目だしをいただく始末
67-1.jpg
67-3.jpg
67-2.jpg
今回は鰤30本以上、メジロハマチ多数。
チャーマスに七つ島のヒラマサを見ていただきたかったのですが、また次回頑張らせていただきます。
今回はレンジでのサイズの差を考えさせられました。トップの可能性はまだまだ広がるのだろうなーと
思いましたねー。
あと、ラインのチェックは忘れちゃーいけませんねー(反省)
スポンサーサイト

対馬遠征

皆さんいかがお過ごしですか・・・・?

毎年恒例の対馬遠征行って来ました。
4-1.jpg
4-2.jpg
いきなりですが福岡で博多ラーメン食ってきたとばい。
前から行きたかった九州の有名ショップブルーウオーターハウスさんにお邪魔した後、博多ラーメン
3軒はしごでいきなり満腹。  最近10キロのダイエットに成功したキングはかなりリバウンドモードです。
でもうまかとです!!
4-10.jpg
翌朝に到着し早速釣り開始。
夢の10キロオーバー狙って皆さん
4-4.jpg
ヒットォーーーーーーー!
4-5.jpg
タラちゃんもヒット!!!!!!!!!!!!!
4-8.jpg
キングもヒット!!
4-6.jpg
またまたヒット。

4-7.jpg
4-3.jpg
数は出るものの10キロを超えるヒラマサには出会えず。
なんだか課題の残る3日間でした。
4-11.jpg
次は必ず。



10キロオーバー獲ってやるけん!!

遠征準備

何もすることがないキングはアシストフックの作成に余念がありません。
 
4月の26日からまたまた対馬へ遠征予定なのです。

と・いう訳で準備です。妄想しながら準備です。つりに行けないときは妄想&準備これにつきます
0002.jpg

あーーーー釣りたい
がんばるぞー夢の20キロオーバー釣るまでは。

正月は対馬で?

1-1-9.jpg
昨年から計画していた対馬遠征に行って来ました。1月1日午前10時に金沢を出発。京都で永井師匠ら4人を乗せていざ博多港までロングドライブです。
そして博多まであと1時間足らずのところで九州北部は雪のため交通がマヒ状態。かなり余裕をもっての出発でしたが、渋滞と高速道路の通行止めやらで着いてみればギリギリチョップ
何とか対馬行きのフェリーに滑り込みました。
なんて慌ただしい正月なんでしょう。
1-1-3.jpg
朝4時半に対馬の厳原に到着し対馬でも南の果てにある豆つ崎まで移動し8時に早速沖へ。
スタートです。
1-1-10.jpg
1-1-5.jpg
潮もゆるく魚もご機嫌ななめ。
そんな中、師匠はパターンをいち早くよみひとりで独走状態
そして、私はなんとか良型をやっとの思いでキャッチ。
1-1-2.jpg
1-1-1.jpg
そして、2日目も状況は変わらず・・・・・・。
爆釣とはいかないもののぽつぽつとはあがる状態。
でも師匠をはじめ凄腕のベテラン勢の中でまた対馬の難しさをおしえられました。
1-1-8.jpg
1-1-4.jpg
今回改めて感じたのはたしかに対馬には私の住む北陸よりもたくさんのヒラマサがいるのはだれもがしっていること。しかし、たくさんいれば釣れるという素人的な考えは全く通用しません。
やはり、北陸には北陸の釣り方があり、北陸の難しさがあるということ、対馬には対馬の難しさがあるんだと改めて思い知らされました。
1-1-6.jpg
1-1-7.jpg
それにしても魚は今一でしたが本当に楽しい遠征でした。
P.S永井師匠またついていきますから呼んでくださいね

やっぱりジギング最高です。

10月13日 大潮 久しぶりのジギングに行ってきました。
最近は軟体動物ばっかり釣って飽き飽きしていたところだったのです。
038.jpg
今回も昭栄丸さんにお世話になりました。
まずは七つ島周辺で、ヒラマサ狙いです。
034.jpg
到着して第1投め。
いきなりヒットー。開始早々ヒラマサいただきました。024.jpg

025.jpgそして船を入れなおし二流し目またまたヒット。なんと朝からヒラマサ連続ヒット。他のメンバーはヒットするも、30センチほどのミニカンパチばかり。
026.jpg
そして、期待とは裏腹にミニカンパチのヒットばかりでヒラマサの反応はその二発のみ。
029.jpg
昼に近くなりヒラマサにも相手にされなくなったのでインチク投入。
そしてまたまた一投目でヒット。
かなり重たい。巨大キジハタかと期待したら。
ななな何?
030.jpg
80センチの鈴木さんでした。私もインチクでスーさん釣ったのは初めてでした。
それから、舳倉島まで移動しましたが、異常なしでした。久しぶりのジギングでしたが、秋のパターンをつかみきれない釣行となりました。
037.jpg
つぎはもっと大きなヒラマサが釣れますように

| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。